FC2ブログ

記事一覧

3.11

東日本大震災から7年が経過した。当方は会津若松の病院に5年勤めたり、妻が福島出身のため福島県には縁がある。震災当時、当方は岩見沢の病院で大腸カメラをしていた最中だった。妙に横揺れの周期が長い揺れ方でただ事ではない予感がした。実際大地震、津波、原発事故とすざましい被害をもたらしたが、大方は復興が進んでいるようだ。だが福島の一部は原発事故も重なり、復興軌道に乗りきれない。当方は本日某病院で日当直をしている。転倒して、血だらけになった患者さんの額の縫合した以外はほぼ一日中テレビを見ていた。当然震災関連の報道ばかりだった。その中で第一原発の近くの自治体に住む自営業の方が会社を復興し軌道に乗りつつある。でも事業の借金の返済が始まることや今まで無料であった家賃もこれから有料になり、支払いが増えて厳しい旨であった。全国からの復興税で財源はあるだろうに。自立しそうな人でも厳しいなら、分配に問題があり、政治が良くないとしか思えないな。他には第一原発の燃料デブリの取り出しには数十兆円のコストがかかるのではないか、という試算もあるという報道もみた。チェルノブイリより地盤がもろいとされ、石棺では不十分という意見もあるが、理想論だけではなく、石棺など次善の策も検討すべきであろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント