FC2ブログ

記事一覧

商業化する五輪

絶対王者の羽生選手が平昌オリンピックで日本に待望の金メダルをもたらした。他にもスピードスケートなどでも連日メダルラッシュに沸いている中で、韓国におけるオリンピックの運営のまずさが強く指摘されている。競技が深夜に及ぶなど選手無視の大会運営については放映権を米国などへ販売し、テレビ放送の時間を同国の視聴者向けに合わせているためと噂されている。また運営費が足りないのか、現地の交通事情が劣悪であるようだ。ジャンプの葛西選手は極寒の中バスが1時間も来ないことなどから精神力が切れてしまったのだろうか。昨日のラージヒルはまさかの予選落ちであった。これらの不都合はたまたま韓国がホストだからではなく、近年の五輪が商業化しているからではないだろうか。もともと五輪はアマチュア競技の祭典だった筈だが、プロ競技で賞金も充実しているゴルフなど五輪でする種目ではない筈だ。多分視聴率がとれる種目という理由から選択されているのだろう。前回の夏五輪で男子ゴルフは松山選手を含め、世界ランキング上位者の大半が欠場したにも関わらず、次回の東京五輪でも再度ゴルフが実施されようとしている。プロゴルファーは参加する競技は別に多数あるのだから、アマチュア主体の日の目を見ない別の競技に機会を譲るべきではないのか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント