FC2ブログ

記事一覧

マスコミと報道

当方は若かりし頃、報道志望だった。しかし報道にはいろいろとタブーが存在する。だから仕事も制約が多く、医者になった。皆さんがすぐ頭に浮かぶのは天皇制などだろうが、実は最大のマスコミのタブーは広告主である。広告の中で例えば「し○い○う」などの化粧品業界などタブーの代表ではないだろうか。S○2などきっと容器は派手だし、価格も高い。でも中の化合物の液体には値段がなく、ほとんどが広告代であり、顔が白い女優達の出演料だ。マスコミは化粧品をやめよう的な話題は少なくとも民放では絶対出来ない。余談はここまでにしよう。マスコミのタブーには世論もある。世論の支持がある人気者も相対的タブーであろう。その点「小池さん」も一時批判できない程タブーであった。しかし厚い化粧が剥がれるが如く、評判もガタ落ちでタブーではなくなり、マスコミも悪く伝えるようになった。すぐに希望も放り出してしまった位私利私欲に走るタイプなのに、一時世論はマスコミと一緒に熱狂したことは反省した方がよい。 人気投票ではなく、国民の代表はマスコミに左右されることはなく、選びたいものだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント